スポンサーリンク

初心者でも楽々!海上釣堀ウキで大物釣りの極意

みんな知りたいAIが解析する攻略情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

海上釣堀は、釣り初心者でもマダイやブリなどの大物を釣ることができる場所です。仕掛けや道具はセットになっているものもあり、初心者でも簡単に挑戦できます。オススメの釣り場は、兵庫県の水宝さん(通年)や大阪府の海上釣堀サザンさん(通年)です。ここでは、海上釣堀ウキについて詳しく解説していきます。

ウキ釣りとは

海上釣堀で最も一般的な釣り方であるウキ釣りは、ウキの変化でアタリを知らせてくれるため、アタリがとても分かりやすい釣りです。初めて竿を持つ方でも簡単に見極めることができ、初心者に適しています。さらに感度の良い海上釣堀専用ウキを使うことで、小さなアタリを確実に取れるでしょう。海上釣堀でのウキ釣りに慣れてくると、初心者でも自分なりにウキ下を調整することが可能です。

ウキ釣りの基本的な道具

ウキ釣りに必要な道具は、タックル(ロッド、リール、糸)、ウキ、仕掛け、エサなどです。タックルでは、長さ3〜4m程度のロッドが用いられます。リールはスピニングリールの3000〜5000番がおすすめです。ウキは種類が非常に多いため、海上釣堀に適したウキを見極めて選ぶ必要があります。仕掛けとしては、遊動式の仕掛けが一般的に使用されています。

エサは複数種類用意し、ローテーションさせて使うと効果的です。エビやサンマの切身、キビナゴに加えて専用の練餌やイソメなどの虫エサも準備しましょう。釣り方は、イケスの深さに合わせて仕掛けのウキ止めの位置を調整し、エサをしっかり付けて投入します。ウキにアタリがあるまで待ち、沈んだら竿先を上げて合わせて魚を取り込みます。隣の人と仕掛けが絡まないように注意しましょう。

ウキ釣りの釣果を上げるポイント

まずはサシエが狙いの層を漂うようにウキ下を調節し、タナ取り用のオモリを使用して任意のタナにサシエがくるように調節します。タナが決まったらサシエをセットして、仕掛けを投入します。流れがある場合は可能な範囲で潮上に仕掛けを入れてアタリを待ちます。

アタリがない場合は、まずは誘いを入れてみるとよいです。さまざまな誘い方がありますが、簡単なのはロッドを上に持ち上げて再び下ろすという方法です。エサを変えたり、誘いを入れてもアタリが出ない場合は、少しずつタナを変えて反応をうかがいましょう。アワセはウキが水中に沈んだタイミングでしっかりと入れることが重要で、掛けた魚を逃がしてしまうバラしに注意しながら、魚を掛けたら落ち着いてやり取りしましょう。

おすすめの釣堀専用ウキ

海上釣堀ウキは、対象魚に合わせてウキのサイズを選ぶことが大切です。初心者が海上釣堀のウキ釣りで釣果を挙げるには、感度の良い棒ウキを選ぶのがおすすめです。ここでは、特におすすめの釣堀専用ウキをいくつか紹介します。

【ハリミツ】E-56 釣堀 スリムフロート

【ハリミツ】E-56 釣堀 スリムフロートは、使い勝手の良い棒ウキで、ターゲットへの繊細なアプローチが可能になります。視認性と感度に優れ、波紋でアタリが判別しやすく、海上釣堀での釣果が期待できます。また、1~3号までの4タイプがあり、様々な対象魚に対応しています。

【ハリミツ】ブランドは信頼性が高く、多くの釣り人に愛用されています。ウキ選びに迷ったら、このE-56 釣堀 スリムフロートを試してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました