スポンサーリンク

【海上釣堀】激シブの真冬の海を攻略のために

スポンサーリンク
海上釣堀

令和2年も着々と時は進み、まもなく1ヶ月が過ぎようとしている今日この頃

みなさま、素敵な海上釣堀ライフをお送りでしょうか?

こんにちわ、まるおです。

この時期は、海水温の低下により、活性がとても下がる時期といわれています

やはり2月~3月は試練のとき

少しでも釣果を良くするために、私なりの見解も含めみなさんでいろいろ考えていきましょう

スポンサーリンク

冬場は

これは波止でもそうですが、狙える魚種が非常に少なくなってきます

海上釣堀もしかり、低水温でも大丈夫な魚の放流がメインになってきます

この時期大阪の各釣堀の放流魚

マダイ

この魚は、1年を通じて放流されますが、冬場はとてもシビアで海水温が下がってくると

なかなか口を使ってくれません。

あたりも小さくなり、ウキが沈んで10数えてからあわせても、針掛かりが唇の皮1枚ということも

多々あります

黒ソイ

出典 WEB魚図鑑

獰猛なフィッシュイーターで、見た目もいかつい顔をしています

ただ、食べるとすごく淡白な白身で、お鍋や炙り刺しなどがうまいです

出典 ぼうずこんにゃくの市場魚介類図鑑

絹姫サーモンや銀鮭といわれる鱒のあいのこです

すごく濃厚な赤身で、生食も可能。引きも楽しい魚です

トラフグ

出典元 浜松市

コメント

タイトルとURLをコピーしました